漢方処方/漢方生薬/不妊/アトピー/冷え性/高血圧/眼精疲労/高血圧/にきび・おでき/皮膚のかゆみ/腰痛/神経痛/ED(勃起障害)/他各種症状に

小建中湯(しょうけんちゅうとう)

【配合生薬】
桂枝(けいし)、生姜(しょうきょう)、大棗(たいそう)、芍薬(しゃくやく)、甘草(かんぞう)、膠飴(こうい)

【効能】
虚弱体質で疲れやすく、貧血、冷え性、手足のほてり、腹痛、動悸、頻尿で多尿などのある胃腸病などに用います。
腹痛をやわらげ、胃腸の調子をよくします。また、体力をつけ、体を丈夫にする働きがあります。

【小建中湯(しょうけんちゅうとう)の含まれる商品】

小建中湯(1099) 24包

「小建中湯(1099) 24包」は、「小建中湯(ショウケンチュウトウ)」から抽出したエキスよりつくられた、服用しやすい顆粒タイプの小児・乳児用漢方薬です。

小建中湯チュアブル 4粒*9包
「小建中湯チュアブル 4粒*9包」は、桂枝加芍薬湯に膠飴を加えた処方で、体質の虚弱な小児をはじめ、普段から冷えやすく疲労しやすい人の改善薬として適している漢方薬です。

漢方の基礎知識

漢方薬の服用の仕方
基本的に漢方薬は1日に3回、食間に飲みます。定期的に、適量を服用する事が大切で、飲み忘れたからと言って、数回分を飲む事は避けましょう。なぜ食間に服用するかと言うと、空腹時に飲む方が、吸収が良いからです。しかし、空腹時に飲むと気分が悪くなる人がおりますが、そのような方は食後に飲む事をお薦めいたします。
漢方薬の煎じ方
漢方薬を煎じる時に使う容器は、土瓶、耐熱ガラス製ケトル、ステンレス製の小なべ、アルミ製の小なべなどです。面倒だからと言って、1回に何日分もの漢方薬を煎じずに、1回に煎じる量は、1日に飲む量だけ煎じるようにします。
漢方薬の煎じる手順
1.1袋の漢方薬と指定の量の水を鍋に入れます。
2.火加減を調整して、弱火で4~50分ほどかけてゆっくり煮込みます。
3.やや大き目の容器やボウルなどの上にガーゼなどろ過できるものを覆い、上から煮込んだ漢方薬を注ぎます。
4.その後、1回分ごとの容器に入れなおすと便利です。
5.余った分は、容器に入れ、冷蔵庫に保存しておくと良いでしょう。

copyright © 2006 病名・症状から調べる漢方の処方辞典 All Rights Reseved

外国為替 |http://ayurvedah.jt-land.com/医療事務 |社会保険労務士 |新会社法 |サマンサタバサ通販 |アバクロ通販 |プチ整形 |芸能人 整形 |交通事故 示談
大人にきび |ウィッグ通販専門 |英語検定 |漢字検定 |パソコン検定 |倖田來未 |まつげエクステ |貿易実務検定